2010年05月28日

PCのリムーバブルディスク

着脱可能なメディアを使用できる外部とのデータ交換用のドライブでかつてはフロッピーディスクドライブや光磁気ディスク(MO)ドライブなどが使われたが現在はCD、DVD、BDなどの光学ドライブが主流。
DVDスーパーマルチドライブやBDドライブなど、複数規格のメディアが読み書きできるものが増えている。
持ち運びを優先した小型ノートタイプやネットブックでは内蔵されない場合が多く、この場合はネットワーク経由やUSBメモリなどを使用する。

おすすめパソコンパーツ情報パソコンメーカーブログ関連用語動画検索ダウンロードモデル使用アイテム
posted by TAKA at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

コピーライターに翻訳能力は必要か?

異なる言語間で意味を翻案する中で、特に記述された文章を他言語で記述する作業を翻訳と呼ぶことが多い。一方、発話を別言語に置き換える作業は通訳と呼ばれる。元の文を原文、翻訳で成立した文を訳文・翻訳文といい、元の語を原語、翻訳で成立した文を訳語・翻訳語という。
翻訳はA言語からB言語へその言語間で対応する語彙を用い、対応する文法を用いて翻案することが多い。しかし、それだけでは成り立たない場合、文章中の個々の単語の対応にこだわらず、意味だけを移す作業が行われる。これが、意訳と呼ばれるものである。なお、翻訳によって誕生した文学作品のことを翻訳文学と呼ぶ。
このような両言語から対応する語・句を選定する作業において、単語は言語間で一対一対応をしているとは限らないことが問題となる。つまり、言語Aでは一語で表される概念が、言語Bでは複数の語(複数の概念)にまたがっていることが問題となる。これは、文学作品でのニュアンスや語感の再現や、言語による色の表現などで顕著になる問題である。
例えば、虹の色の数は、日本では七色とされているが、他の地域や文化によっては七色とは限らない。また、日本語で「青」と呼ばれるものに緑色の植物や信号灯が含まれるのも、単純に単語を置き換えることができない顕著な例である。このような一対一対応がないという問題は、機械翻訳の実現が単なる単語の差し替えでは不十分であることにもつながっている。

テキストエディタメルマガ多言語翻訳キャッチコピー
posted by TAKA at 10:33| Comment(0) | コピーライター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。