2010年12月12日

医療提供施設

1条の2第2項は、以下の4施設とその他の医療を提供する施設を医療提供施設と定義する。

病院 - 医師・歯科医師が、公衆・特定多数人のため医業・歯科医業を行う場所であって、20人以上の患者を入院させるための施設を有するもの(1条の5第1項)
診療所 - 医師・歯科医師が、公衆・特定多数人のため医業・歯科医業を行う場所で、病院以外(1条の5第2項)
介護老人保健施設 - 介護保険法の規定による介護老人保健施設(1条の6)
調剤を実施する薬局
医療は医療提供施設の機能に応じ効率的に提供されなければならない(1条の2第2項)。

川越 歯科患者が増えるクリニック経営改善医療収益 売上増増患対策

posted by TAKA at 13:01| Comment(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

ホットストーンマッサージ

ホットストーンマッサージは、玄武岩などの石を温めて使うトリートメント方法です。
石のエネルギーも取り込めるというスピリチュアルな側面も持つマッサージ方法で、世界的に人気があります。

手や機械を使うマッサージも気持ち良いのですが、ホットストーンマッサージは、石の程良い重さが心地よい。

ホットストーンマッサージが受けられるサロンは、あまり多くないのですが、見つけたら是非体験してみてください。

ストレス解消、コリ解消、エネルギーチャージ!




マッサージテーブルマッサージベッドエステベッド
posted by TAKA at 10:05| Comment(0) | マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

歯磨剤

歯磨剤(しまざい)は、歯磨きの際に使用される製品である。一般的に使用される物はチューブ入りのペーストで、練歯磨剤(練り歯磨き)と呼ばれている。一部、この練り歯磨きも含め歯磨剤全般を「歯磨き粉」と呼ぶ人がいるが 「歯磨き粉」 は 「練り歯磨き」 と同様、歯磨剤の種類の一つであり、誤用である。歯磨剤は歯ブラシに適量付着させて使用し、歯磨き後は嚥下せずに吐き出す。日本では薬事法により化粧品、薬用化粧品(医薬部外品)に分類されている。

最初の歯磨剤は、紀元前1550年頃の古代エジプトの医学書の内容が記載されたパピルスであると言われている。そのエジプトでは、4世紀頃には食塩・黒胡椒・ミントの葉・アイリスの花を混ぜ合わせた粉末の歯磨剤が使用されていた。古代ローマでは、人間の尿に含まれているアンモニアが歯を白くするものと考えられ、尿が歯磨剤として用いられていた。[1]

日本では1625年、丁字屋喜左衛門が江戸で『丁字屋歯磨』『大明香薬』と呼ばれる歯磨き粉を販売開始した。この歯磨き粉の成分は琢砂という非常に目の細かい研磨砂に、丁字や龍脳などの各種漢方薬を配合したもので「歯を白くする」「口の悪しき匂いを去る」とキャッチコピーも添えられていた。この類の歯磨き粉と房楊枝を使用し、江戸の庶民は歯磨きを行うことが日常習慣となっており、当時の浅草寺には200軒もの房楊枝屋が並ぶほどの繁盛ぶりであった。[2]

18世紀のアメリカ合衆国では、焦げたパンを混ぜた歯磨剤が使われていたことが明らかになった。また、「ドラゴンの血」(dragon's blood)と呼ばれる混合樹脂にシナモンや焦がしたミョウバンを混ぜた歯磨剤もあった。[3]

しかし欧米で歯磨剤が広く用いられるようになったのは19世紀以降のことである。1800年代初頭には、歯磨きは主に歯ブラシと水だけで行われていた。その後間もなく粉末の歯磨剤が大衆に広まっていった。その頃の歯磨剤の多くは自家製で、チョークの粉・細かく砕いた煉瓦・食塩などがよく混ぜられていた。1866年、ある家庭百科事典は細かく砕いた木炭を歯磨剤に使用することを勧めた。また同事典は、その頃特許を取って市販されていた多くの歯磨剤は益よりも害が多いものであるとして、大衆に注意を促した。

1900年頃になると、過酸化水素や炭酸水素ナトリウムを含むペースト状の歯磨剤が勧められるようになった。ペースト状の歯磨剤そのものは19世紀にはすでに売り出されていたが、粉末状のものに取って代わるようになったのは第一次世界大戦が終わる頃のことであった。現在のようなチューブに入ったペースト状の歯磨剤は、1896年にニューヨークでコルゲート社(Colgate & Company)によって初めて売り出された。

1914年、フッ素化合物が配合された歯磨剤が初めて登場した。このフッ化物入りの歯磨剤は1937年にアメリカ歯科医師会(en:American Dental Association)によって批判の的となった。しかしその後も改良が続き、1950年代、ADAはフッ化物入りの歯磨剤を認証した。現在、フッ化物の適正使用量および制限は国によって異なる。アフリカ諸国の多くでは、アメリカ大陸よりもやや高い濃度でフッ化物を配合することが認められている。

最近では、人体の骨と親和性の高い燐灰石を含む歯磨剤が開発された。特に「アパガード」は大ヒットし話題となった

成分
歯磨剤の基本成分は研磨剤と発泡剤を主成分とし、保湿剤や結合材などがある。また、近年、フッ素を始めとする薬用成分が含まれる歯磨剤が増加している。日本では、薬事法により、基本成分のみの歯磨剤は化粧品歯磨剤に、基本成分の他に薬用成分が含まれている歯磨剤は医薬部外品歯磨剤に分類される(薬事法第2条)。少数であるが医薬品の歯磨剤も存在する。


川越 歯科歯科増患歯科集患医療コンサルタント 大阪集患増患 集患

ラベル:歯磨剤
posted by TAKA at 23:05| Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。